ニュースの杜!最新ニュースのブログ

最新ニュースや気になる情報ネタブログ!キーワードを元にGoogle、Yahoo、RSSをフルに活用して情報収集!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


40年越しの争い――学校の真の所有者は誰!?

エンターテイメント ] 2007/10/09(火)

いーぐる⇒ シアタースタンドシステム 【ホームシアタースピーカー】 SONY RHT-G1200
 2007年10月4日。私はこの日、初めて裁判を傍聴しました。

 さいたま地裁川越支部第二号法廷。この裁判に、原告は約40年の年月をかけてたどりついたそうです。

(事件番号)平成19年(ワ)第575号
(事件名)登記請求権
(原告)松村東
(被告)準学校法人川越専門学園

 違法行為によって名義変更された土地・建物を、真正な所有者に名義を戻してもらいたいという訴えです。

 被告となった準学校法人・川越専門学園は、川越駅近くにある「トータルビューティーカレッジ川越」という理美容専門学校の運営母体。理事長兼校長は松山千恵子氏。ご記憶の方もおいでになるでしょう。埼玉県初の女性代議士で、元厚生政務次官・元郵政政務次官を歴任しました。
ニュース最新ランキング情報



 その松山氏の娘婿が、舟橋功一現川越市長(弁護士・元埼玉県議会議員)です。舟橋市長はこの専門学校の法律顧問になっています。

■「学校が乗っ取られた」

 事の発端は昭和41年に遡ります。当時31歳の松村(原告)氏は、永源寺から土地を購入。その場所に個人運営の各種学校「東京高等理容美容専門学校」を設立しました。

 各種学校としての承認を求めて、旧厚生省に「養成施設指定申請」を提出します。しかし、その申請は却下され、当時、厚生政務次官を辞めたばかりの松山氏との関係が始まったといいます(原告はこの却下に松山氏の力が働いたと言います)。

 計画を準学校法人化に変更し、「3年たったら校長の座をお返しします」という約束で、松山氏が校長に就任...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

いーぐる⇒ ○メ在庫~30台 ガサラキ Vol.3【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-0034

★ニュース関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
06:23 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://kensakunomori.blog79.fc2.com/tb.php/1399-af2f97e3

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

最新の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。