ニュースの杜!最新ニュースのブログ

最新ニュースや気になる情報ネタブログ!キーワードを元にGoogle、Yahoo、RSSをフルに活用して情報収集!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


キャンパス温泉構想の悲劇 1,500m掘っても出なかった

エンターテイメント ] 2007/09/30(日)

グラッドニュース秋新作JK♪送料無料包み込むようなふわふわのボアがハンサムウーマン!【GLAD ...
   全国でも珍しい本格温泉を備えたキャンパスにしようと掘削が進んでいた立正大学熊谷キャンパス(埼玉県熊谷市)では、結局温泉が出なかった。温泉計画が注目されたのは、同大には「地下水」の専門家が、学長を始めそろっていたこともあった。「1,000メートルも掘ればどこでも温泉は出る」はずじゃなかったのか。 掘削費用に約7,000万円もかける   立正大が埼玉県に温泉掘削の許可を受けたのは05年2月。温泉療法を研究する学部新設や近くの特別養護老人ホームへ温泉を「配る」構想だった。少子化による競争激化を勝ち抜くための付加価値を生み出す狙いもあった。
ニュース最新ランキング情報

06年夏ごろから専門業者が掘削を始めた。「大深度」の1,500メートルまで掘り下げたものの、温泉と名乗ることができるかどうかの成分検査をするだけの湯量も出てこなかった。07年5月、県へ掘削工事完了届を提出したが、書類の「湧出量」欄は空欄で、温泉開発を「お手上げ」のまま終了することを認めたという訳だ。掘削費用は約7,000万円だった。   掘削許可などを扱う埼玉県薬務課によると、直近約5年間で45~50件の温泉掘削が許可を受けた後、工事完了している。うち「温泉が出なかった」のは、04年夏に報告があった件と立正大の計2件だ。担当者は「大体は(温泉が)出るもんなんですよ」と不思議そうだった。県内には全国的に著名な温泉地はないものの、温泉施設は約110カ所あり、熊谷市内も「2,3はあった」...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

【新作】Columbia Hedgehogger Boot 254

★ニュース関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
19:07 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://kensakunomori.blog79.fc2.com/tb.php/1369-02390e4f

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

最新の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。